結婚指輪のデザイン

結婚指輪は基本的に、日頃からつけていても邪魔にならないような、シンプルなデザインを心がけることが大切と言われています。
シンプルなデザインとは具体的にどのようなことを意識して置けばよいのでしょうか?結婚指輪のデザインについてご説明します。

まず結婚指輪では、基本のカラーはシルバーが多いと言われています。
ゴールドも近年ではあるようですが、職場によってゴールドのリングは避けられる傾向がありますので、シルバーが無難だと言えるでしょう。

次に装飾についてですが、結婚指輪は基本的に、宝石や派手なデザインなどは好まれません。
職場に指輪をつけていく際にも浮いてしまう可能性がありますので、特に装飾が付いていない、シルバーのシンプルリングが好まれるでしょう。

そして、サイズに関してですが、あまりきつすぎると、毎日つける物ですので、指が太くなったりむくんでしまった際に、血流が悪くなってしまうなどの恐れがありますので、緩すぎても問題ですが、多少は余裕があるリングサイズをチョイスするように心がけましょう。
サイズがどうしてもきつくなりすぎたら、新しい指輪を購入しなおすことも検討しないといけませんので、充分お気を付け下さい。

また、近年結婚指輪を指にはめず、ネックレスにつけたり、違うアクセサリーを結婚のしるしとして持ち歩くカップルもいますので、指輪がどうしても苦手という方は、そういった形で購入をすることも候補に入れると良いでしょう。